横田富佐子美容文化会

top

about

第212回例会のご報告

横田富佐子総合美容文化会 第212回例会も、下記の通り盛会裡に終了することができました。


と き 平成25年1月15日
ところ 美容会館6F (スタジオC)


[技術講座]  杉尾富由紀先生(インターコワフュールジャパン副会長・全日本美容講師会・着付常任師範ヘア常任創作委員 )
                                            
テーマ  「春のお出かけヘア 」
            
 「春のお出かけヘア」というテーマで、軽快なトークと共に、3人のモデルで5点のアップスタイルを次々に展示。コームの使い方、すき毛のつけ方からはじまって、ゴムの結び方からスプレーのつけ方etc. ありとあらゆる技を披露した。講師のちょっとした工夫で、洗練されたスタイルに仕上がる様を目の当たりにした会場の受講生からは感嘆の声が上がった。


[教養講座] 小針衣里加先生(㈱ベジフルファイン 代表取締役 ・フードデザインクリエイター・フードバランスアドバイザー)

テーマ  「若さや美しさを保つバランスのいい食事とは?
                ~からだの中から女性美を磨こう~」

「若さや美しさを保つバランスのいい食事とは?」というテーマの通り、朝食の重要性や野菜・果物を食べるメリット、食品添加物の裏側、サプリメントや野菜ジュースについて、髪の毛に良い栄養素や健やかな髪を維持する効果的な食材、食べ方など、具体例を用いながらわかりやすく解説。日頃から体の健康を意識し、最高のコンディションで仕事をすることが「美」を創る上でも重要であると力説された。今日からすぐに食生活の改善をしようと思える中味の濃い講習だった。

第211回例会のご報告

横田富佐子総合美容文化会 第211回例会も、下記の通り盛会裡に終了することができ
ました。


と き 平成24年11月20日
ところ 美容会館6F (スタジオC)


[技術講座]  吉田 昭一 先生 ( ガッツ美容室 経営 )
                                               

テーマ  「和・MODE・NOW 」
            吉田昭一と仕事仲間
 
「和・MODE・NOW 吉田昭一と仕事仲間」というテーマで、着付・高野みつ子、メイク・関野里美の二講師とコラボレーション。成人式や結婚式、パーティー等ですぐ使えるモードなセットスタイルをロングとボブのモデル2名を使って次々に展示した。ステージ上で、4点の着物に合わせた8点のヘアスタイルを、モデルの雰囲気や髪の状態に合わせた鮮やかな職人技で披露。若い美容師に向けて自分の美容人生を語ると共に熱いエールを送った。

[教養講座]  七海 麻子  先生 ( ヘア フォト ディレクター フォトグラファー)
テーマ  何故 ヘアフォトが役に立つのか?
~ヘアフォトで売り上げが上がる理由~

「何故ヘアフォトが役に立つのか?~ヘアフォトで売り上げが上がる理由~ 」というテーマの通り、フォトグラファーである講師が、美容室経営におけるヘアフォトの重要性と、日常での感性の磨き方を自身のフォト作品を例に挙げてわかりやすく解説。クリエイティブな作品についての分析から、ホームページやヘアカタログ等の身近な作品撮りのアドバイスまで、受講生の興味のある内容がふんだんに盛り込まれた内容の濃い1時間であった。

第210回例会のご報告

横田富佐子総合美容文化会 第210回例会も、下記の通り盛会裡に終了することができ
ました。

と き 平成24年9月18日
ところ 美容会館6F (スタジオC)

[技術講座]  上田 美江子 先生
(資生堂ビューティーディレクター)                     

テーマ  「 OLD & NEW 」
            和と洋の融合のアップバリエーション
 
「OLD&NEW」和と洋の融合のアップバリエーション―というテーマで、資生堂ビューティークリエーション研究センター ビューティーディレクターである講師が、美しい髪の流れを表現したアップスタイルを3点展示。日本古来の結髪技術とデザインを現代のファッションやウエディングに取り入れた新しい感覚のヘアスタイルを、丁寧な解説を加えながら次々に披露された。日本の着物を洋装ドレスによみがえらせた素晴らしい衣装に合わせ、日本髪をモダンにアレンジした作品の数々は、会場の受講生を魅了した。


[教養講座]  羽鳥 勉  先生 ( 有限会社はとり 代表取締役)
テーマ  美容師が知っているようで、知らないきもの知識
    「 きものを学ぶ 」

「美容師が知っているようで、知らないきもの知識「 きものを学ぶ 」というテーマの通り、実際のきものや帯を会場に展示しながら、初歩的な着物の知識をわかりやすく、楽しく解説。特別な行事以外は中々着る機会の少ない着物が身近に感じられた1時間であった。

第209回例会のご報告

横田富佐子総合美容文化会 第209回例会も、下記の通り盛会裡に終了することができました。

と き 平成24年7月17日
ところ 美容会館6F (スタジオC)


[技術講座]  神無月 ゆうと 先生
 ( LUNA HAIR 代表取締役 )                 
テーマ
「ベースとの似合わせ そして質感について考える
               ground CUT 講習 」
 
「ベースとの似合わせ そして質感について考える ground CUT 講習 」というテーマで、4名のモデルをチョップ、スライド、ストロークを多用して次々にカット。サロンワークにおいてお客様の再来率をあげるカット方法とは、“ground”を用いてベースカットの時間を最小限におさえる事。残りの時間でテクスチャーカットを用い、似合わせ=フィッティングを行う。繊細なカットはお客様に満足感を与え、美しいサイドシルエットは新たなお客様の紹介にも繋がる。―と力説された。素晴らしいカットテクニックの数々に、会場の受講生は圧倒されていた。


[教養講座]  住田 知之  先生 ( 住田美容専門学校 校長)
テーマ 
「求人・集客を望む美容師さんのための新しいメディアとは?」

「求人・集客を望む美容師さんのための新しいメディアとは?」というテーマの通り、住田美容専門学校の校長である講師が、自分の魅力をお客様に発信したり、逆にお客様の発信されている情報を的確にキャッチするメディアであるSNS(主にfacebook)を例にとり講演。美容師らしいfacebookの使い方を実例を挙げて披露された。SNSが身近に感じられた1時間だった。

第208回例会のご報告









横田富佐子総合美容文化会 第208回例会も、下記の通り盛会裡に終了することができました。

と き 平成24年5月15日
ところ 美容会館6F (スタジオC)


[技術講座] 村上信一郎 先生
 ( feel(フィール) 代表 )                     
 
テーマ「フィール春夏スタイルのフィニッシュワーク」
 
「フィール春夏スタイルのフィニッシュワーク」というテーマで、春夏のトレンドを取り入れたカラーや、パーマの巻き方を解説しながらカットし、フィニッシュワークを披露。マッシュルームカットをベースにした作品を5点、次々と展示した。
カットよりも大切にしているというフィニッシュワークに対するこだわりを熱く語りながら、細かなカットのテクニックや仕上げのセット剤の使い方まで、丁寧にわかりやすく解説。内容の濃いあっという間の2時間だった。


[教養講座] 吉山直樹 先生
 ( 西武文理大学(看護学部)教授 )

テーマ 「あなたの優(やさ)しさを際立(きわだ)たせよう!」

「あなたの優しさを際立たせよう」というテーマの通り、今は「こころ」の時代であって、外見的に「容姿を美しくする」だけではなく、「こころのあり方」が美しさを求めているのではないかという持論に基づいて講演。これからの美容師の求められる能力は、日本の女性に古来天性に備わっている「癒しとサービス」の素質を活かし、「こころのあり方」を伝える「しぐさ」を通してのコミュニケーション能力を身につけてほしいと力説された。

第207回例会のご報告

横田富佐子総合美容文化会は2012年3月27日(火)、東京・代々木の美容会館6FスタジオCで第207回例会「メイクアップ集会」を行いました。

ヨシ高田講師(ヨシ高田メイクアップ研究所)、秋田谷英千講師(日本メイクアップ゚協会準講師)、横田真佐美(横田富佐子総合美容文化会本部講師)の3講師。

◆ヨシ高田講師のテーマは「芽生え」。
春になると花壇や公園に花々の芽吹きがつきはじめ春到来…花をさかせる準備を始め、気温と共に一斉に咲き乱れる、美しい花々の色合いをイメージした作品を、丁寧な技術解説を行いながら2点披露。今年の特徴として、シャーベットカラーを中心に、額からアイエリアにかけて、ブラインドを下ろすように多色を加えて表現。

◆秋田谷英千講師のテーマは「アイメイクアップの範囲の可能性」。
数々の作品の写真を用いて、日本人の骨格をとらえるための5つのアイデザイン(スリムライン、シャークアイ、キャッツアイ、アーモンドアイ、オープンアイ)を詳しく解説。その技術に、秋冬のパリコレのテイストを取り入れた、魅惑的なメイクアップを披露した。

◆横田真佐美講師のテーマは「2012 ブライダルメイク」。
SNS活用の「婚活」・街ぐるみで行う「街コン」・今秋登場の「シンデレラ城での挙式・披露宴」等、2012年に話題になるブライダル業界の最新情報を紹介した後、ブライダルメイクを1点披露。5月に行われるブライダルコンテストのテーマ「ルミエール」に基づいた光と輝きを取り入れた作品だった。


第205回例会のご報告

横田富佐子総合美容文化会 第205回例会も、下記の通り盛会裡に終了することができ
ました。

と き 平成23年11月15日
ところ 美容会館6F (スタジオC)


[技術講座]  岩井 みゆき 先生
(百日草花粧会創定委員 全日本美容講師会員)
 
テーマ  「着物のしあわせ」
 
「着物のしあわせ」というテーマで、ファイナルイメージを描いてトータルビューティー&コーディネイトを考えた花嫁(白打掛)と成人式(2点)のヘアメイク、着付けを次々に展示。補正から帯結びまでを、わかりやすい解説を交えながら披露した。お客様のカウンセリングの仕方から、成人式の営業戦略等、売上に結びつく内容も満載で、非常に中身の濃い講習だった。


[教養講座]   吉田 斉 先生 
(㈱Cream 取締役プロデュースグループシニアマネージャー)

テーマ 「サロン販促で活用できる”Web”」

「サロン販促で活用できる“Web”」というテーマで、株式会社Cream 取締役である講師が、ウェブサイトを活用して、ヘアサロンにおける集客や顧客満足度を向上させる方法論をわかりやすく解説。これからは、サロンというよりはスタッフのパーソナリティをブランディングすることが重要なポイントであると力説。主にフェイスブックなどのソーシャルメディア展開ノウハウにフォーカスした内容は、会場の受講者の関心も高く、非常に興味深い講習だった。

第204回例会のご報告

横田富佐子総合美容文化会 第204回例会も、下記の通り盛会裡に終了することができました。

と き 平成23年9月20日
ところ 美容会館6F (スタジオC)


[技術講座]  板谷 裕實 先生 
(イタヤ・インターナショナル㈱代表取締役・ICD会員)
 
テーマ  「ステキな大人のまとめ髪」
 
「ステキな大人のまとめ髪」というテーマで、今の気分を取り入れながら、どんなシーンにも対応できる板谷流アップスタイリングを作品展示。2時間という限られた時間の中で、和装、洋装合わせて9スタイルに、アレンジ2スタイル、計11作品を次々と披露。セクションの構成、デザインの組み立て方、似合わせetc. を解説しながら、1作品を10分足らずで完成させていった。面が艶やかで華麗なフォルムと粋なスタイル…ヘア・メイク・コスチュームすべてイメージを統一された世界は、見事の一言であった。



[教養講座]  髙橋 千明 先生 
(資生堂プロフェッショナル㈱経営企画部エステティック推進室長)                                                     
テーマ
「TRY ONE MORE 今サロン業界が取り組むべき課題 “行かなければいけない” から“行きたい” と思われる価値創造」

「今サロン業界が取り組むべき課題」というテーマで、資生堂プロフェッショナル株式会社 経営企画部 エステティック推進室長である講師が、ボリュームゾーンであるエイジング世代へのマーケティングを様々な角度から分析し、その価値創造のキーワードを探った。ビジネスと時代性(お客様の気持ち)の関係は不可欠であり、これからの課題は生産性の向上であると力説された。

第203回例会のご報告

横田富佐子総合美容文化会 第204回例会も、下記の通り盛会裡に終了することができました。

と き 平成23年7月19日
ところ 美容会館6F (スタジオC)


[技術講座]神無月ゆうと先生(LUNA HAIR 代表取締役)
 
テーマ  「ground cut(グラウンドカット)」
 
「グラウンドカット」とは、少ない行程で最高のフォルムを仕上げ、お客様の似合わせに時間をかけるという新しい考え方のベースカット。1点目、2点目は前下がりのかわいらしいボブスタイル、そして会場からロングとメンズのモデルを選び、計4点の作品を手早く仕上げて会場に披露した。従来のベースカットに比べ、最短最速のハサミの開閉で仕上げる卓越したテクニックと理論と講師の美容への情熱とパワーに圧倒された、あっという間の2時間だった。



[教養講座]荒井英久 先生 (元月刊Hyakunichiso 編集長)                                                     
テーマ 「クリエーションの必要性 創作がサロンワークにもたらすもの」 

「クリエーションの必要性 創作がサロンワークにもたらすもの」というテーマで、月刊Hyakunichiso 編集長として数多くのクリエーターを育ててきた講師が、技術講師である神無月ゆうと氏と対談する形式で創作活動の重要性をレクチャー。
「あきらめない」で創作活動を行うことの意義や、JHA グランプリ受賞作品の誕生秘話等、普段聞くことのできない為になる話が満載の大変参考になる講習内容だった。

第202回例会のご報告

横田富佐子総合美容文化会の年1回の恒例となりましたメイクアップ集会も、下記の通り盛会裡に終了することができました。当日の様子は以下の通りとなります。

と  き  平成23年5月17日(火)
ところ   美容会館6FスタジオC
 
メイクアップ集会
 
◆若林あかね先生(メイクアップインストラクター)

テーマ 「基本の洋装ブライダルメイク」

基本の洋装ブライダルメイクをわかりやすく、細かく解説しながら、ベーシックな花嫁1点と、アレンジを加えた花嫁1点を披露。会場の広さ、光、雰囲気などに合わせ、ベースメイクの質感を選択したり、ポイントメイクは遠目が効くようにまつげの間はしっかり埋めるetc.…とブライダルならではのポイントが満載のためになる講習であった。


◆横田真佐美(横田富佐子総合美容文化会本部講師・ブライダルの装い協会副会長)

テーマ 「2011 ブライダルゲストのメイクアップ」

昼と夜の服装の違い、靴やアクセサリーetc. ブライダルに招かれた際のドレスコードの注意事項を簡単に説明した後、アラフィー・アラフォーのブライダルゲストのメイクアップ1点、20代のブライダルゲストのメイクアップ1点を披露。年代に合わせた肌の対処法や若く見せるテクニック、色や道具の選び方など、明日からすぐに使える内容の講習であった。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ